私がこれまでに経験したことを書くブログ

私がこれまでに経験したこと感じたことを書くブログです。

日常に押し流されてしまうのでプロに頼ることにした。

GWいかがお過ごしでしたか?

こちらは緊急事態宣言もあり、特に何が、ということは無かったのですが!!!

 

まずいつも家事を手伝ってくれる母の「腕の古傷がひどくなって腕が全く使えなくなる」ことで戦線離脱。

全部の家事をしながら、受験生の中3の息子の勉強をみます。

そしてGWも仕事の義弟のために暇している妹と姪がほぼ皆勤賞で遊びに来る&ご飯を食べる(風呂付)。

 

GWは一日二食は「6人分の食事の支度」、「姪をお風呂に入れる(何で私が)」、「6人分の洗濯」となり、加えて掃除やら買い出しやら何やらと、合間は息子の勉強をみる活動で終わりました。マジでしんどかった。

この時期って体調を崩しやすいんですよ。季節の変わり目で。喘息の発作を起こすのも、寝込むのもこの時期。しかも治らなくて長期化しがち。

なので極力「セーブモード」でいつもは過ごしてるんですが、今年は本当にしんどかったです。これ、パートに行ってたら無理だった。

 

で。こんな感じでもう5月。今年もあっという間に半分終わってしまう。

「実りある中年モラトリアム」を過ごそうと思っていたのに。

まあ、息子と家事は一番なので仕方がないんですが、それに振り回されているとホント、それで一日終わるんですよ。

 

ダイエットも英語も全然進捗が進まず、多分独学でやっていても無理だなという感じになってきたので、プロの力を借りることにしました。

 

まずは英語。

半年前からメルマガを読んでいる先生がいらっしゃって、「教わるならこの先生かな」と目星はつけていました。

前々から「英語をちゃんと習う時のために」と貯金をしていた金額と今回のオンライン講座の金額がほぼピッタリだったということで「これはGOサインだな」と申し込みをしました。

こちらは来週から始まり、現在、既に課題など動き始めています。

期間は3か月。基礎をみっちり教わります。

 

そしてダイエット。

これは「誰かが並走してくれないと無理」と思ったことと、これまでの方法だと体重が落ちなくなってきたので私のどこが間違っているのか、どうやったら確実に痩せるのかを教えて欲しくてコーチ(オンライン)についてもらうことにしました。

期間は1~2か月。私は2か月の予定を想定しています。

近々先生とオンラインでミーティングをして私のダイエットプランを立てて頂きます。

 

「GW頑張りました」の自分へのご褒美は

 

Kindleは携帯アプリとしてKindle Unlimitedがスタートした時からずっと使っているのですが、メインはスマホで読んでいました(マンガはタブレットで)。

ただね、最近は気づくと「仮想通貨のチャートを見てる」とか「調べものをしてる」とかスマホに意識が向きがちで、本を読むペースが確実に落ちていました。

 

加えてスマホ依存っぽくなっていて、どうも日々の幸福度が落ちている気がする。

ネット断食まではいかなくてもちょっとネットから離れた方がいいんじゃないかなと思うようになりまして。

そうすると「本を読む」しか出来ないPaperwhiteがいいんですよ。

 

早速もう使っているのですが、いいですね。画面も明るすぎず、本の質感が出て目が疲れにくいし、大きさも文庫本の一回り大きいかな?程度だし。

ちょっとモッサリしているのが気になりますが、まあ、本を読むだけだしね。それほどでもないかな。個人的には本を持ち歩くよりも薄くて軽くてちょうどいいです。

 

今年もあと半年ちょっと。

どこまで自分の中で「目的を持って頑張れるか」。

 

今年で41歳。もう41歳。そして今後の人生で一番若いのは今日。

「もう41歳」と思うか、「ここから再スタート」と思うかで今後の人生大分違うな、と思ったので、プロに頼むことにした次第であります。

 

自分の人生を変えるには「行動する」しかないと痛感しました。

 

「顔のシミを消したい」→「レーザーしろ」

「痩せたい」→「食うな」

「英語を話せるようになりたい」→「毎日勉強しろ」

当たり前なんですよね。

ただ、回り道をする時間は今の私には無いので、先生方にお願いして最短ルートを教えて頂こうと思います。あとの努力はもちろん私がするしかないのですが。

 

ホント「行動ありき」。人生=行動。

そして結構「本気で行動すると結果はついてくるもんだ」と思っているので、今年は「行動の年」にしようと思います。あと半年、GO.

Qスイッチルビーレーザー行ってきました

去年行ったルビーレーザーのクリニックにまた行ってきました。

www.sophiated.com

 

今回で4回目のルビーレーザーになります。

クリニックにご迷惑がかかるといけないので、クリニックのお名前は控えさせて頂きますが、都内で100発11000円のところです。

 

大人気の様子で全然予約が取れませんでした~。

んが、たまたま予約ページを見ていた時にキャンセルが出たのか一枠だけ予約が出てました!秒で予約しました。

 

そして今日。

まずは別のクリニックでプラセンタ注射を4本と薬を貰いました。

東京メトロ乗り放題パスを使って(ここ重要)、レーザーのクリニックへ移動。

予約より少し時間が早かったのですが、麻酔予定(30分かかる)でもあったのでそのまま突入しました。

待たされることも無く、洗顔して待ちます。

 

麻酔クリームの有無を聞かれ、迷わず「お願いします!」と返答。2000円で麻酔クリームが塗られます。
顔に塗布されて30分待ち、クリームが効いたところでいざレーザー。

 

今回は「これ、ただのシミじゃない?」と思っていたところが「これ、肝斑だね」と先生。かなり薄いんだけども。トラネキサム酸をプラセンタ注射を打っているクリニックで定期的に貰って飲んでいても肝斑は完全には消えないのね。

 

2度目なので、説明はところどころ端折りつつも「顔を洗う時は絶対にこすらないで泡で洗ってね。そうするとシミの出来るのが大分違います」とか「これからはとにかく紫外線に気を付けてね。炎症性のシミになるからね」とか色々と教えて頂きます。

という訳で「肝斑は避けて打ちますね~」と先生。

パチパチパチ・・・・

「ああ、来た・・・・。痛い・・・。これ麻酔無かったらどんだけ痛いの・・・」

パチパチパチ・・・・

「ああ、先生、相当打ってるね・・・・」

パチパチパチ・・・サッ、サッ

「先生、何かゴーグル変えながら打ってるね・・・・。え、まぶたも打ってくれてるね・・・」

パチパチパチ・・・・

「ああ、ラスボスの大きいシミに行ってるね・・・てか痛!!!!つか、痛!!!!何度やっても慣れないし!!!!」

時間にして5分もないのでしょうが、永遠に感じるレーザーの時。

 

「はい、終わりました~~」とワセリンを塗って頂き、

「この肝斑のところは避けましたよ~~。

 今回は81発打ちました。とても頑張りましたね~」と褒められる40歳。
てか81発て。先生、11000円なのにありがとうございます。本当にありがとうございます。

 

今回は麻酔代も入れて13,200円でした。安!

テープは特に貼ってくれないので、マスクをしてササササと帰ります。

マスクをしていてもマスク外のところにレーザーが集中しているので、ワセリンテラテラ、火傷状態で真っ赤、帰りの銀座線内ではギョっとした顔で数人に見られました。ホホホホ、見るがよい見るがよい。オバチャンになるとそんなことでは動じないのだよ。

 

多分、電車内での移動時間がMAX痛い時間だと思います。前回は麻酔をしていてもこんなに打ったことがないので(多分、前回も同じ位打ってる)、痛くて痛くて半ば痛みでパニックになって乗り換えの駅が一瞬分からなくなったんですが、今回は「こんなもんか」。

一応、痛いの分かってるんでロキソニンとコートリルを2錠服用しておきました。でも痛いよ。

 

という訳で帰宅したら、母が「うわぁ!気持ち悪い!」とのこと。知ってる~、すぐテープで隠すわ~と、顔中サージカルテープ的なものを貼ります。

ハイドロコロイド(傷パワーパッド)でもいいのですが、先生がごっつりワセリンを塗ってくれているのでハイドロコロイドは使えません。紫外線カット機能があるサージカルテープを貼っています。どこの薬局でも大体売っています。

 

先生は「テープはいらない」というお考えのようですが、寝ている時など擦れたら困るので私はテープを貼っています。

 

小さいそばかすで1週間弱でテープが取れますね。かさぶたもその時一緒に取れます。

ラスボスの大きいシミ(直径3㎝位)はもうちょっとかかったかな?前回は10日位テープをしていたかもしれません。

 

その後はひたすら紫外線対策です。3か月位は特に念入りにやらないと「炎症性のシミ」が出来ます。これは消えるものなのですが、長いと1年位シミが残ります。

 

日焼け止めは必須なのですが、日焼け止めってそんなに長くは効果が続かないので物理で遮断するのが一番です。

それは「オバサンバイザー」と「日傘」の2本攻め。

オバサンバイザーは顔全部が隠れる黒いサンバイザーのことですね。

私は基本的にいつでも洗濯物を干す時もオバサンバイザーをして干しています。日に焼けるのが嫌なので。

プラス日傘。

 

本当は窓からの紫外線も嫌なので、出戻り前は紫外線カット90%の白いレースのカーテンをしていたのですが、実家に出戻ってからそんなわがままは許されず?基本的に余りレースのカーテンはしていません。紫外線嫌だ。

なので、余りリビングにはおらず、北向きの自室にいることが多いですwモグラの如く。

 

今年はモラトリアム期間なので、出来れば10月~年末にもう一度やりたいです。3か月空ければ次打てます。そして来年の3月頃にもう一度打てれば言うことなしなのですが、いかんせん「顔面テープおばさん」のダウンタイムがあるのです。

なので、面接や卒業式、入学式などの近辺は避けた方が無難です。

 

そして今のルビーレーザーの相場。大体1発2000円~3000円位みたいです。たまに安いところで1000円位。

1発2000円で今回の約80発と換算すると160,000円。ひょえええ~~。

それが今回は13,200円。そりゃ予約取れないわ。

次回取れるか分からないけど、挑戦してみたいと思います。

 

とりあえず今回はこれにて終了。キレイになるといいな。

新しい美容院発見!!

5年位通っていた1,500円の美容院(床屋さんじゃなくて美容院)が昨年末で閉店してしまいました。

もう一軒あるのですが、ちょっと遠い。

 

母と「美容院どうしようかね~」と探したのが、チェーン店の1000円台の美容院。

母も私も何度か行ってみたのですが、イマイチ。

正直「どこ切ったのか分からない」が2度続き、そこは止めにしました。

 

4月に入って体力作りのために近所を散歩するようになったところ、新しい床屋さんが。

1,100円で内装もキレイ。入口には「女性もどうぞ」の看板が!!!

 

母と「ここ行ってみよう!」と開店時間に合わせて行くも、既に並んでいる人が数人。

女性もいました。

男性客メインの1,000カットだとお店側もお客さんを回転させてナンボだから、こちらも「ああして、こうして」は言えないし、ザクザク切っておしまいなので左右が違うこともしばしば。

「ここもそうだったらもう行くのはやめよう」と思っていたのですが、丁寧にこちらの希望を聞いてくれて、40分かけてじっくり切ってくれました。

逆に「いや、これじゃあ儲からないよ!!」と内心ヒヤヒヤしながら切ってもらっていました。

切ってくれている最中に「髪の色がすごく似合っている」とか「肌が白いから、そういう色味がいいですよ」とか色々とアドバイスをしてくれました。ありがたや。

結果もちろん、大満足です。

母も大胆なイメチェンをして大満足していました。

これで1,100円。どうか無くなりませんように!

 

二人で「いいところ見つけたね!次もここに行こう!」と歓喜の舞。

母は月1で美容院に行きたい年金生活者のため安いところがいいし、私は無職のシングルマザーなのでこれまた安いところが良いのですw

 

ヘアカラーは家でしているので、ヘアケア代がかなり節約出来ています。

ヘアカラーはサイオス。一箱398円の時に買います。やす!

モラトリアム中なので、40歳のおばさん一番明るい色で染めてやろうと思っています。へへへ。

まあ、それも息子の学校説明会までです。その頃にはダークカラーにしますよ。多分、最後の明るいカラーだろうね。40過ぎてあんまり明るい色でも、ね。

 

いつも使っているシャンプー&コンディショナーは長らくパンテーン

週1のディープクレンジングシャンプーはi-herbで買っているニュートロジーナです。

これは高校生の頃使っていたのですが、日本では取り扱いが無くなってしまったんですよね。iherbで買えて嬉しい。

 

トリートメントはダイアンのものを使っています。

 

友人に勧められて使ってみたところ、結構イイのでAmazonで定期お届け便にして使っています。

ヘアカラーした後1週間は毎日使い、その後は週に3回程使っています。

 

ヘアオイルは変わらずロレアルパリ

 

最近はこのメンバーでヘアケアしています。

白髪が増えてきたのがツライですが、それ以外は安く済ませつつもそこそこの髪質を保てているのではないでしょうか。多分。ホントか?

 

シンママであるが故、そしてシンママだからこそ自分でお金の使い方を決められるので「出すところは出す!締めるところは締める!」が出来るのがとても楽です。

特に美容は「コスパ最重視勘定科目」なので、常にコスパに目を光らせています。

美容院代は必ずかかる固定費みたいなものです。ここを抑えるのは最重要。

その分、他に回せますからね。

 

来週、キャンセルが出て急遽シミ取りレーザーの予約が取れました。ここも100発11,000円。

高い美容液買うよりも安価でシミを消せれば安いもの。

シミは高級美容液を塗るよりも絶対にレーザーで消した方がお得です。

 

あとはダイエットだなぁ。頑張るぞ。

病院めぐり

子供がいると病院ばかり行ってませんか?そんなことないですか?うちだけ?

うちは私が既に持病持ちなので、時々病院に行きます。加えてプラセンタ打つクリニックにも行ったりして。まあ、これは自費診療だけど。

 

今月は特に学校検診関連もあり、病院ばっかりなので、数えてみました(暇人)

 

3月29日・・・私の婦人科T病院&プラセンタ注射のためSクリニック

4月1日・・・息子の脊柱側弯症のためS病院

4月5日・・・息子の歯列矯正のため矯正歯科

4月6日・・・プラセンタ注射と薬をもらいにSクリニック

4月10日・・・私と息子の喘息と副腎のためH病院&Sクリニック

4月15日・・・プラセンタ注射のためSクリニック

4月20日・・・息子のニキビの治療のためHクリニック(予定)

4月23日・・・息子、眼科検診で引っかかってきたので眼科(予定)

4月26日・・・プラセンタ注射のためSクリニック(予定)

       もしかすると西新宿のクリニックに顔のレーザー行くかも?

4月27日・・・息子の矯正歯科(予定)

 

こうして見てみると結構行ってるな!何だかんだ病院とかクリニックって時間かかるんだよね。特に子供が小さいと耳掃除で耳鼻科とか、肌に変な湿疹できたから皮膚科とか、熱出したから小児科とか、虫歯みたいだから歯医者とか、砂が目に入って結膜炎で眼科とかしょっちゅう病院行ってた気がします。

息子が大きくなってきて丈夫になってきたから「大分病院にも行かなくなったわ~(遠い目)」と思ったけど、結構行ってるしw

私もプラセンタ注射はやめてもいいんですけど、体調が良くなってきたのもあるし、コンビニ感覚で薬をサッと出してくれるのが便利でわざわざ通ってます。これは交通費もかかるし、今後どうするか考えないといけないところではあるのよね。

 

あとはこめかみ付近のシミが復活してきたこともあって、前に行ったレーザー100発まで1万円で取ってくれるところの予約を取りたかったんですけど、大人気のため全然予約が取れず。そりゃそうよね~。

 

しかも、このこめかみのシミって既に3回レーザー当ててるんです。シミが深いみたいで再発するのがねぇ。加えて他のところも小さいそばかすみたいなシミがポツポツと。老化です。

 

ネットで調べたところ、西新宿の皮フ科はシミ取りに5年保証がついているそうで(家電量販店か)、1万円で取り放題よりはかかっちゃうけど安心かな~と思っているところ。

あとは勇気だけですな。

ルビーレーザーは痛いし、しばらく絆創膏生活だし、紫外線気を付けなきゃだし、本当はこの時期レーザーするのも微妙なんですけど(これから紫外線が強くなるから)、モラトリアム生活で会社に行かなくていいし、人にも基本会わないので(友達位なら別に気にしないw)今がチャンスかなって気もします。

 

そろそろ自分の歯医者さんにも行かなきゃな。ホワイトニングの季節です。薬液は自分で買ってるけど(節約)。

怠惰な生活終わり

今年に入ってから卵巣嚢腫に振り回されてパートの仕事も失うし、何だか踏んだり蹴ったりな日々が続いています。

おかしくなり始めたのが昨年の11月の下旬。そこから3月末の4か月ほどベッドの上での生活がメインでした。

 

「腹腔鏡の手術だから」と思っていたものの、自分が思っていたよりも状態が悪くて中々思うように回復もせず、4月に入ってやっとこさ歩く練習を始めています。多分、体力も結構落ちてしまったと思っています。

 

2月末からはホルモン治療も始まり、体調もまだ完全に落ち着いてはいない状態です。

 

今はダイエットをしつつ、歩く練習をしつつ、家事をしつつ(主に料理)、息子の勉強をみている日が何となく過ぎ去っています。

 

気づけば4月も半ばですね。あっという間。そして全然痩せてない。

多分、このままだとあっという間に息子の学校説明会が始まってします。

そこまでには大分痩せておきたかったのに全然痩せないし。

 

「やろうやろう」と思っていた英語も全然力が入らなくて、とにかくダラダラと毎日が過ぎています。目先のことをなんとなくこなしている毎日。

 

子供がいるとどうしても子供のペースとか家族のペースになりがちなのは母としての宿命だと思うのですが、その中でどこまで自分を律せるかが大きな課題です。

ホント子供がいて仕事したり(特にリモート)、勉強したりしているお母さん方、本当にお疲れ様です。

子供がいると、「何かに集中する」ということが出来ないんですよ。

例えば、時間を計って試験勉強をしていたとしても、途中で「自由民権運動って板垣退助だっけ?」とか聞いてくるんですよね。

本当に切羽詰まった時は「自分で調べろや!(おいでやす小田の声のトーンで)」と言いますけど、今の私の仕事は「息子の勉強をみること」なので、無下には扱えません。

そうなると億劫になってしまって「勉強しよ」って気分にならないんですよ。

本当は勉強している息子の横にいるので(今も)、勉強すればいいんだけど「中断されるのがイラつく」ので、そのストレスを回避してしまいます。はい、言い訳ですね。

 

実家母にも「今年は息子の大事な年なんだから、あんたの勉強は後回し」とすぐに自分の勉強に熱中しがちな私にしっかりとストップをかけてきているので、大っぴらに出来ません。

 

ただね。せっかくの40歳過ぎての「モラトリアム」。

「今後の人生に生かさないでどうするよ」と。

やっぱり勉強すべきだと思う。そして、ダイエットもすべきだと思う。

 

息子の受験勉強をみることは第一条件だとしても、今年をこのまま終わらせてしまうのは勿体なさ過ぎる。多分、後悔する。

 

甘いとは思うんですけど、やっぱりいずれは「貿易事務関係の仕事」に携われたらいいなと思うんです。

そのためにはまずは「体力」。そして「語学力」。

「息子に邪魔されるからな~」って鼻ほじっているうちは仕事なんか出来ないわな。

 

最終的にどこに着地するかは分かりませんけれど、努力してみれば自分の中で見えてくるものもあるんじゃないかと思います。

 

明日から気持ちを入れ替えて

「英語も仕事」、「ダイエットも仕事」。

今はお給料はもちろんありませんが、将来への投資として頑張ってみようと思います。

将来の自分が

「あの時、あんたが頑張ってくれてたから、今私、楽しく暮らしてるよ!」と言ってくれることを期待して。

ポンデドーナツ覚書

元来、料理は苦手の部類に入りますが現在無職のためご飯作りを担当しています。

結婚してから11年、離婚してから5年、足掛け15年以上、料理は下手くそながら作り続けていますが、好きではないので余り上達はしません!!

 

ですが、「費用対効果」を重視しておやつをたまに手作りします。

外で買うのは「たまのご褒美」。作れる時は作ります(スナック菓子除く)。

めんどくさいことは余りしたくないので、基本はホットケーキミックスを使って何かを「焼く」or「揚げる」ことが多いです。

 

最近多いのは「パウンドケーキ」、「オレオマフィン」、「オールドファッションドーナツ」、「スコーン」辺りですね。

 

息子が「何でいつもオールドファッションなの?」と言うので、今回は偶然インスタで見かけたdelishkitchenの「ポンデドーナツ」を作ってみました。

 

詳しいことはdelishkitchenの「ポンデドーナツ」を参照してください。

くせになるもちもち食感! ポンデドーナツのレシピ動画・作り方 | DELISH KITCHEN

このレシピ通りにドーナツを揚げるところまでは作りました。

その後、「ハニーグレーズ」のところをチョコ好きな息子のために板チョコを溶かして塗布するチョコポンデにしました。

 

気付いた&気になった点。

・ハニーグレーズやチョコを塗布していない素のポンデさんは無味(何らかの味付けが必要)

・冷めてくるとかなり歯ごたえがある(顎を使う)。もっちもちがすごい。もうちょっともちもちが少なくてもいいかも。

 

という訳で、次回作る時はホットケーキミックスを規定の150g→200gにして挑戦してみます。

 

・絹ごし豆腐200g(3連パックを1個)

白玉粉100g

ホットケーキミックス200g

 

チョコレートを溶かす時は

・チョコ2枚当たり

1回目

1000wで30秒

2回目

1000wで20秒

 

すみません、今回の記事は自分用覚書なので「なんのこっちゃ」が多いですよね。

写真一応載せておきます。

f:id:sophieted:20210417171356j:plain

素のポンデさん。慌ててたのもあって、何の写真だか分かんらない。

 

f:id:sophieted:20210417171404j:plain

チョコつけ後ポンデさん。

ちょっともっちりしすぎを除けば美味しかったと思います。甘すぎないのがいいですね。

遊びに来た妹と姪も「美味しいね!」と言い、ちゃっかり持って帰りました。

倍量で作っておいてよかった。

 

 

私が激太りした理由が少しだけ分かった

去年、13㎏痩せましたが、10㎏リバウンドしてましたwww

 

いや、笑えない。

 

今度の診察(半年ぶり)でこっぴどく主治医に叱られるでしょう。

 

今、無職の状態ですがストレスが結構あります。

と言うのも、実家出戻りのため、家族(定年退職している両親)が常にいます。

フツーに家事もしていますし、息子に勉強を教えるために日中は中3の全教科をざっと目を通していたりして、結構忙しいです。

「隙あらば遊ぼうとする息子」を夜寝るまで見張りつつ?、勉強の進捗を常に確認しています。

土日となれば、息子を見張るのが一日中になりますw

まあ、「見張る」と言っても横につきっきりになっているのは「そんなに」はないですけどね。向こうもストレスでしょうし。つか、いい加減一人で勉強しろや。いつまでも甘ったれてんじゃねえぞ、クソが。あら、暴言を失礼いたしました。

 

まあ、クズ旦那がいる結婚生活も、仕事で悩殺されている生活もストレスはあるでしょうから、私のストレスなんざ小さなものなのでしょうけどね。

 

その小さなストレスを何で発散するかって、手っ取り早く「食」ですよ。

昔は「酒」でしたが、今はほぼ飲めないので、酒じゃなくて「甘いもの」。

酒呑み時代は甘いものは食べられませんでしたが、目覚めました。完全に。

お菓子も大好きです。カフェオレ(一応低脂肪、ノンシュガー)も飲みます。

 

遡ること、高校生まで。

決して痩せたことはない人生でしたが、ずっと「ザ・標準体重」でした。

それが大学入って、一気に激太り。

「好きなもの食べて、飲んで」をしていたからですね。

 

逆になぜ高校生までは標準体重でいられたか。

よーーーく考えてみたところ

「母は和食が好きで、私は和食が嫌いだから」です。

 

全然関係無さそうな話なのですが、実はこれがキモでした。

もちろん、私が好きな洋食を作ってくれることもあることはあったのですが、母も妹も「さっぱりしたもの」が好きです。洋食が好きなのは家族で私だけ。

つまり、「低カロリーのものが多く食卓に上る&自分が余り好きなものではないから、バカみたいに食べない」。

これがキモだったんですね。

 

逆に何でそんな若い時に標準体重以下になったことがないかと言うと、「夜ご飯は必ずおかわりをしていたから」ですねw

まあ、量を食ってたんです。

 

それが大学に入って飲み会を覚え、そのまましばらくして結婚をし、元夫もアメリカからの帰国子女で余り家庭料理や和食を食べて来なかった人です。

そんな二人ですもの、食生活はね・・・。

 

その後息子が生まれましたが、これがまた「ド偏食野郎」でして、小学校4年位まで白米とハンバーガーとギョウザ以外食べない子でした。

息子は体も弱かったし、偏食がひどすぎて一時期は私も若干ノイローゼのように「どうしたら食べてくれるか、栄養をちゃんと摂れるようになるのか」と息子が幼稚園や学校に行っている間は一日中キッチンに立って色々なレシピを試行錯誤している日が続きました。でも、結局食べないんですよね。大きくなるに従って少しずつは食べるようになってきましたが、今でも食は細いですし、偏食は治っていません。

彼も私と同じく和食的なおかずは一切食べませんし、というか、野菜のおかず、肉もステーキ以外はほとんど食べませんね。私は食い意地が張っているので子供の頃は「好きでもなくてもとりあえずは食べて」ましたw

 

そうすると「親」と「子」別のメニューを作るようになります。

ますます私は自分の好きな高カロリーの洋食ばっかり食べ、まして好きなものですから、量を食べます。

 

そして更に太るという悪循環。そして今に至る。

 

そこまで分かったのだから

「じゃあ、好きじゃない和食を作り続ければいいじゃないか」ということで、和食だけじゃないのですが比較的和食&元々好きじゃない野菜を使った料理を頻繁に作るようにしています。

母は野菜やさっぱり系が好きなので喜んでくれますし、息子はどっちみち食べないし、私は痩せるし、でとりあえずヨシなんじゃなかろうかと。

 

あとはもうね。

「少食キャラ」になるしかないですね。40歳過ぎて、無職で動かないんですから、痩せる訳ないんですよ。

多分、普通の人の1/3位の食事でいいんじゃないの?という気さえします。

多分、1/2だと現状維持で痩せるには至らないんじゃないか。そのレベルです。

 

体力を落としたくないので「あれを食べなきゃいけない」とか「これを食べてはいけない」とか「食べなさすぎも代謝が落ちる」とか色々考えていたのですが、もう、本当、めんどくさい。病む。それでまた過食する。本末転倒。

 

だったら「初めから食べなくてよろしい」。

主治医の魔法の言葉「ビタミンとミネラル摂っとけば、人間、食べなくても意外と死なない」という鬼畜でありがたいお言葉を胸に刻み込み、肚に落とし込み、和食と野菜を食べ続け、少食キャラにキャラ変しようと思った受験生の母なのでした。

 

今の生きる糧は「シソンヌ」と「千葉雄大」です。ありがとうございます。本当に、お蔭様で。