私がこれまでに経験したことを書くブログ

私がこれまでに経験したこと感じたことを書くブログです。

3月の総括と4月の目標

4月になりました。

 

3月はいきなりの休校宣言から始まり、訳が分からないまま春休みに突入。

幸いにして実家出戻りの身としては子供(と言っても中学生だけどね)をみてくれる親がいるお陰で安心して?パートに出掛けられました。

とは言え、私もハイリスク患者ですから(喘息・副腎機能低下症)満員電車は怖いです。でもさ、休んだところで休業補償は小学生までだし、給料減るだけだから普通に働いています。

 

会社の有給取得義務のため途中お休みを頂き、そのタイミングでデュピクセントにチャレンジ入院したり、何だかんだ結構濃い1か月でした。

 

息子の3学期の成績も返ってきました。約150人中46番まで持っていくことが出来ました。

一番悪かった時は130番近かった息子さんですが、「母の努力のお陰(ここ重要)」で首の皮一枚繋がりましたね。いや、彼も頑張っていたことと思います。

そして、高校受験の内申に直接関わる「学期末の評価(通知表)」ですが、こちらも「オール3」という私の予想通りの結果で終わることが出来ました。

塾講師をやっていた友人談によると「いくらテストの出来が良くて頑張っていたとしても、やはり2のついた通知表は見栄えが宜しくない」ということを聞いていたので、2はキツイなと思っていました。

実際、副教科(技術家庭や音楽)で1学期の通知表に2がついちゃってたんですね。

そこを何とか2学期、3学期でカバーして3に持っていきました。

3学期限定の評価では4がいくつかついていましたが、なんせその前が悪かったので平均でならして「3」という評価がついていました。

まあ、オール3ならとりあえずは良しとします。

 

は~~~、もうしんどかった!塾の先生に「私が何とかしますから、冬期講習は免除して下さい。家で勉強させます。その代わり、3月までに結果出しますから」という訳の分からない宣言をしてしまった手前、結果を出さない訳にはいかなくなってしまったし、ドキドキの3月でした。

自分で勉強をした方が100倍楽ですな。頑張っておくれよ、息子。義務教育終わるまでは親の責任だと思っているので、残り2年、頑張ります。

 

ダイエットの方は3月1日の時点で75㎏スタート。3月31日の記録は71.8㎏。

3月は-3.2㎏で着地です。

月目標-3㎏なので目標クリア。嬉しいですね。

 

ただね~~。後半2週間ほぼ体重が動いていなかったというのが気になります。カロリー抑え目にしてるんだけどね。ただの停滞期だったらいいんですけど、これ以上(800kcal以下)やるのは正直結構キツイです。

 

3月はまだ慣れないダイエット生活に一喜一憂したり、振り回されたり、カロリーのことばかり考えたりしていたので、今月の目標は「淡々とやる」です。

 

目標減量は同じく3㎏でいきます。

方法は「毎日の平均摂取カロリーを800~900kcalに設定すること」これだけです。

減らないから、と言って急激に食べない日を作ったりしない。

また、食べ過ぎた日は前後の日で調整して、あくまで一日平均が800~900になるようにする。

「体重の増減に心を動かされない」

これです。いちいち「減った、減らない」をやってると他のことに頭が回らなくなるんですよね。どの道、大幅減量しなきゃいけないんだし、普通の人間が800kcal前後で生活してりゃ、いくらデブでもいつかは痩せるだろ位の感覚で余り焦らずやりたいです。

-3㎏も本当は設定するのやめようかなと思っているのですが、そうするとなし崩し的にダイエットが自然消滅する恐れもあるので、その抑止力として「-3㎏」は頭に入れておきたいと思います。

 

4月の目標にもう一つあります。

マイスリーを半錠までに減らすこと。エリスパンをやめること」

マイスリー睡眠薬です。長年飲んでいるので癖になっています。徐々に減薬は出来ているのですが、やめられてはいません。

エリスパンも然り。

 

エリスパンは弱い薬なので飲んでいてもいいかなとは思うのですが、薬は薬。飲まない方がいいに決まっています。この二つを辞められることが当面の目標でもあります。

 

4月も密度の濃い月にしたいです。本当は人に会ったり色んなところに行ったりもしたいのですが、いかんせんコロナでどこにも行かれません。この感じだと学校すら始まらない感じですものね。

引きこもり生活だとしても普通に買い物や病院に行かれる生活に感謝しないといけませんね。誰かが整えてくれるから成り立っているこの生活。今はこの生活が「当たり前の日常」では決してないということを肝に銘じ、出来ることはしっかりとやる、それ以上のことをうだうだ悩まない。

自分の中に区切りをしっかりつけて4月も生活をしようと思います。

「皮膚管理」開始して早3週間で肌改善

3月に入ってから自己流「皮膚管理」を始めました。

 

www.sophiated.com

 

今回はその経過観察報告です。

 

結論から言うと「確実に向上した!」。

 

32歳頃からかなぁ。目の下がちょっとだけたるんできたんですよ。目の下の涙袋の線が悪い意味で濃くなったとでも言いましょうか。

 

それからアイクリームなどを使ってみたのですが、大して変わらず。放置していました。

 

それから約8年。目の下の皴っぽさ、ほうれい線クッキリと中年らしい顔になりました。

 

昨日、まじまじと自分の顔を見てみると。

まず、目の下の皴が大分無くなっていて、フラットになっています。

「ん?!」と思って更によく見てみると、目の周りのキメが整っています。

 

あとはほうれい線が少しマシに。

 

考えられるのは「クラランス グランアイセラム」の効果でしょうか?

毎日朝、晩と塗り続けています。手にちょっと余るとほうれい線ににも塗ってあげます。

これがいいのかなぁ。

 

このまま続けていきたいのですが、いかんせんお値段ちょっと高め。続けるのは若干キツイ。

 

これが無くなったらファンケルのアイセラムにチェンジしてみて、問題が無ければ乗り換えますが、目の周りが元に戻っちゃったらクラランスに戻るつもりです。どこか削ってもクラランスを使います。

 

その他肌がつやっとしてフラットになってはきています。

韓国コスメの「SNP睡眠パック」を追加したのもいいのかな。肌がぷるっとしてきました。

これ、ゴールドとダイヤモンドがありまして、私は両方買ったのですが二つで1300円ちょっと。安すぎるので正直あんまり期待していませんでした。

が、これを重ね塗りしてテカテカな顔で寝ると翌朝肌白めフラットで。

色々一気に始めたので、何が効いているのか分かりませんが、多分全部がいいんだと思いますw

 

頬のたるみ毛穴はさほど改善していません。

この部位は皮膚科でのルビーレーザーを当てている個所のため、3か月間はPanasonicの光エステを当てられないんですね。

これをもうちょっと改善出来たら、ファンデーションいらずになれるんですけどねぇ。

 

今はマスクをして外出しており、マスクの中が蒸れて気持ちが悪いのと、マスクにファンデーションがついて汚れるのが嫌で外出時もファンデーションをしていません。どうせ見えないから、日焼け止めに粉と眉毛とアイシャドウ、マスカラ位です。

 

そのお陰でほとんどクレンジングをしないか、しても週3のミルククレンジング程度なので余計に肌が痛まないのかもしれません。

日焼け止めは石鹸で落とせるタイプのものを一日に何度か重ね塗りをしています。パートに行く時は粉をはたきますが、行かない時は日焼け止めだけです。

 

とは言え日焼け止めを重ね塗りしているので、夜は2度洗顔しています。

一度目は石鹸(花王ホワイト)で。二度目はロゼットの洗顔パスタ(チューブタイプ)で。

粉をはたいた時だけミルククレンジング(カウブランド)をしており、ここ1か月以上オイルクレンジングをしていません。

 

そしてダイエットを始めてからお菓子を食べることやインスタントラーメンなどを食べる機会が減りました。野菜を多めで胃腸に負担をかけない少食にしているので、肌が改善しているのかもしれませんね。

あとはしっかりと睡眠を取っています。息子が大きくなって夜中に起こされることもないですしね。健康第一。

 

勝間和代さんがおっしゃっていましたが、「肌の状態は内側から栄養、運動、睡眠をしっかりと取れば外からあれこれと手をかけなくても良い」は本当だなぁと思います。

 

後は毛穴の撲滅。目の下のクマが良くなれば言うことはナシ。

 

新しく出てきた&残ってしまったシミは年末のルビーレーザーで撲滅する予定です。

今年の1月6日から10㎏痩せました

私は今年40歳になるおばさんです。

 

ものすごい恥を忍んで実体重書きますが、1月6日当時81.6㎏だった体重が今日現在、71㎏になりました。

-10㎏達成~~~。

 

3か月かからずに-10㎏出来たとは自分でもびっくりしています。

今回は運動をほぼしていません。食事制限だけです。

ダイエットはこちらのブログに基本毎日記録をしています。

ameblo.jp

 

7年位前にも結構キツめのダイエットをしたことがあったんですね。

その時は85㎏→60㎏になりました。

 

その頃は今よりも若かったので代謝も良かったですし、まだ副腎機能低下症も見つかっていない時でした。コートリルを飲んでいなかった頃です。

 

その時も食事制限をしていましたが、+結構な運動(一日2時間位)をしていました。

それでも月3㎏痩せるって非常に大変でした。

 

今回の方が運動をしていないにも関わらず落ちるのが早いです。

鍵は「食事」だと思います。

 

主治医に「あのね、医者の立場として誰にでも言えることじゃないんだけど、私は余り食べなくても平気なのよ。むしろ3食食べたら10㎏増えちゃって大変で。だからたんぱく質とビタミン、ミネラルを摂ってれば余り食べなくていいわよ」と言われています。

最初は「先生、鬼畜~~~~(涙)」と思ったのですが、「まあ、そうだよね」と切り替えてキツめの食事制限をすることにしました。

 

一つお断りしておきたいのですが、私は1か月~1か月半に一度通院をし、血液検査など常に医師のチェックが入っていますので、異常があればすぐに見つけられます。

安易に私の方法を真似されるのは危険だと思うので、どうぞご注意下さい。

 

基本は前のエントリーで書いた通り一日800から1000kcalを目標にダイエットをしています。

食べなきゃ痩せる、ってだけです。

 

www.sophiated.com

 

但し、以下のものは必ず摂取しています。

・タンパク質摂取(プロテイン豆乳割り、もしくはそれに代わる肉や魚、卵など)は必ず。

たんぱく質は絶対条件です。

 

・乳酸菌製剤(ビオスリー、ビオフェルミン)を飲む

・食物繊維を摂る

・キムチを食べる(乳酸菌)

ピルクルorヤクルトを飲む

以上は乳酸菌を増やして腸内の「ヤセ菌(善玉菌)」を増やすためにしています。

 

マルチビタミン&ミネラル

・ビタミンC

・ビオチン(ビタミンH)

・ビタミンB群

アリナミン

メチコバール

などビタミンはかなり多めに摂っています。副腎不全対策が一番ですが、肌のためでもあります。

 

・スーパーフィッシュオイル

・BCAA

高麗人参

コエンザイムQ10

スーパーフィッシュオイルはDHAEPAで善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らします

BCAAは朝のみ摂取しています。バリンロイシンイソロイシンという必須アミノ酸のセットです。筋肉の分解を抑え、脂肪の燃焼を促進します。本来ですと筋トレ前に飲むのがいいのですが、私は朝飲んで、その後家事をしたり通勤したりして少しでも「燃えればいいな」と思いながら飲んでいます

高麗人参サポニンという成分で元気&若返りのため。目の下のクマが昔から結構ひどく、原因はどうも「血行不良」だそうで。低体温だったし、血の巡りを良くしたくて飲んでいます。

コエンザイムQ10は言わずと知れた抗酸化成分ですね。アンチエイジングのために飲んでいますが、要は疲れに効けば何でもいいです。効果が無ければやめます。

 

以上、結構毎日サプリメント漬けになっていますが、これで体調を整えられていれば良しとします。

 

主治医は余り主食を召し上がらないそうで(白米やうどんなどは喉を通らないのだそう)、元来糖尿家系なのもあり「食べなくてちょうどいい」のだそう。その代わり野菜やたんぱく質はたくさん食べるけど、基本的に一日一食でめちゃめちゃ元気だそうです。確かに65歳を過ぎてらっしゃるけれど、朝10時から下手すれば夜中までぶっ通しで診察され、世界中の学会に出席されています。

 

なので、私にも「それだけ太れるってことは太りやすい遺伝子なのよ。だからあんまり食べなくても維持できるんだと思う」と言われました。

だから私も食べないことにしました。ちょっと極端だけど。

 

今は基本、一日一食。パートに行っている時はおかずカップ3つにフリーズドライのスープをお昼で食べ、夕飯も食べます。パートに行かない時はお昼はプロテイン豆乳割り&フリーズドライスープ

朝は元々食べられないので、カフェオレのみ

夕飯は基本的に家族と食べますが、汁物とサラダを必ず先に食べます。これらを先に食べるとお腹が膨らむので他のおかずが少量で済みます。主食は基本摂りません。

 

たまに「プロテイン断食」をします。まさに昨日したのですが、一日の食事を全てプロテイン豆乳割りに置き換えます。

私は朝は食べないので、昼と夜がプロテイン豆乳割りになります。あとのカフェオレやYakultは普通に飲みます。

これは最低週1ですね。今までで2回しかやっていません。

外食の翌日はこれにすれば体重の増加が抑えられるんじゃないかな?

来週、外食予定があるので、次の日はプロテイン断食にしてみます。

 

先程「運動はしない」と書きました。

運動が嫌いなのもありますが、体重過多で膝などが痛くてがっつり運動が出来ないんですね。

だから正確に言えば「標準体重までは運動をしない」ということになります。標準体重よりもうちょっと痩せたいと思っているので、そこからは運動をして基礎体力をつけたいなと思っています。

 

ただ一つだけ始めた運動があります。

自彊術体操、というラジオ体操のようなものです。

これは私の中学と高校で行われていた体操で「体の不調は体操して自分で治しちゃおうよ~」というものです。

医療が発達していなかった大正時代に出来たものです(多分。もう忘れた)。

 

最近、朝起きると体がガッチガチなんですよ。頭痛がしていることもしばしば。

もう若くないし、体操位はして体のメンテナンスしようか?と先週から始めました。

「すごくいい!」とか「体がしなやかに」とかは全くないんですけど、習慣化していかれたらいいなと。

 

そんな感じで今年は「ダイエットの年」です。年内頑張れば50㎏位にはなれるんじゃないかと。引き続き頑張ります。

 

-10㎏のご褒美にこれを買いました。


f:id:sophieted:20200322101813j:image

次の-10㎏は何にしよう。こういうのすっごい大事。

 

 

 

デュピクセント打ってきました

先日、デュピクセントを打ってきました。

 

気管支喘息のために5年程前からゾレアを使っておりまして、ゾレアでもまあまあいい感じだったのですね。ただ、ゾレアは月1注射、診察は現在1か月半おきということでゾレアと診察のタイミングが合わない時はゾレアのためだけに病院へ通わないといけません。

病院まで電車で片道1時間。それだけのためには結構な負担です。交通費も馬鹿になりません。

 

デュピクセントは自己注射が出来ます。「自分で打っていいんなら絶対そっちでしょ!」と切り替えることにしました。

 

私の場合ですが、ゾレアは月1で1本打っています。

デュピクセントになると2週間に1本になります。ですから病院で次の診察までのデュピクセントを処方してもらう形になりますね。

 

外来でデュピクセントを始められる方が多いみたいですが、私の主治医はアナフィラキシーなどのリスクをお考えになって1泊入院での初デュピクセントとなりました。

 

入院前に自己注射をしている方の動画などを見て予習してから行きました。

その方はお腹に打っていたので、私もお腹にしようと思いました。腕も出来ますが、自分で打つのは難しいですからね。

 

今回は「そもそもデュピクセントでアレルギーが出ないか?」というものだったので、看護師さんに打って頂きました。初回は2本。以降1本ずつになります。

 

お腹に2本打って頂きました。薬剤が入っていく時はゾレアと同じく「ズーン」という感じはします。ちょっと響く痛さというか。まあ、全然我慢出来ます。

 

そこから様子を見ていましたが、なーんも問題なし!良かった!とりあえず使えることは分かりました。

 

ここからデュピクセントが私に合うのかどうかを先生がご判断されるのだと思います。

「合う!レッツゴー!」となった場合、薬剤師さんと看護師さんとで自己注射の練習や薬剤の詳しい説明などをして下さるそうです。

 

私は早く自己注射がしたい!と思っていたのですが、大体皆さん中々うまく出来なかったりで4回位までは病院で看護師さんと一緒に打っているみたいです。

 

「4回も行かないといけないのか~」と思いましたが、「これまでソフィアさんが打っているゾレアの本数は74本です」と看護師さんに言われて

「この先ずーっとゾレアを打ちに来るのは負担だわ。4回位どうってことはないや」と思ったのでした。

 

今年は出来ることは何でもやってみよう!そして結果も出そう!と思っているので、ついつい先延ばしにしてしまうことを全部やってやろうと思います。

 

コロナで中々外出もままなりませんが、巣籠りして色んな準備をしています。

コロナはいつもの災害と同じように「準備をきちんとする。それでも罹ったら仕方がない」と割り切っています。暗い情報に振り回されるのは嫌ですからね。

 

あとは今月中に-10㎏達成出来ればOKです。お疲れ様でした。

40歳目前美肌への道

今年はダイエットと共に肌も強化年間としております。

 

個人的に肌は「排泄器官。むやみに塗っても無意味。保湿と紫外線対策すればOK」

と思っています。

 

これまでも化粧水や美容液を使ってケアしても特に変わらず、むしろ悪くなることもあるので「ムクナ(東急ハンズプライベートブランド)塗っとけば良し」としていました。

 

ダイエットを始めて顔の肉がわずかですが落ち始めました。

それでですよ!!!

「あれ・・・?こめかみが凹んできたぞ・・・?」

そうなんです!!!

これまでは真っ先に頬肉から落ちていたのに(洗顔すると顔の輪郭が変わるので分かる)、今はこめかみから落ちる!

するとげっそりした印象になるんです。

「なるほど~。年取ってから大幅減量するとたるむし、げっそりするっていうのはこういうことなんだな」と実感しました。

あとは全体的にちょっと皴っぽくなります。顎もたるみます。

加えてシミ、そばかす。これはダイエット関係ないけど。

レーザーで大分取っちゃったんですが、一番取りたかった100円玉大のこめかみのシミが結局残りました。

このシミはレーザー後の炎症性の色素沈着かもしれないので、今後経過観察をしていきます。でもな~クリニックのスタッフさんに「ちょっと根深そうなので、一度じゃ取り切れないかも」と言われたんですよ。私もそう思う。だから根絶するまでレーザー当て続けてやろうかしら。また年末。

 

そんなこんなで「これは何とかしないといかん!」と思いまして。

美容皮膚科(外科)に頼る以外で出来るものはないか?しかもなるべく低コストで確実に結果が出るものを探しています。

 

まず「韓国人って肌きれいな人が多い印象だけど、何か秘密があるのだろうか?」と思い、韓国に住んだことのある方のブログを探してみました。

いくつか目ぼしいブログが見つかりまして。それをまとめると

 

・韓国人は年齢に関わらず透明感が半端ない人がいる

石田ゆり子さんのような年齢不詳の人もいる

・おばちゃんでも肌がつやつやの人が多い

のだそうです。

 

もちろんたゆみない努力があるそうですが、韓国は日本に比べて乾燥がすごい。にも拘わらず陶器肌というのは何か理由があるに違いない。

それを踏まえて、いくつかのブログからお肌のキレイな韓国人のしていることを抽出。

 

・「マイ皮膚科」があって、ニキビ一つでも出来たら皮膚科に通う。定期的にメンテ。

・シミ、そばかす、ほくろは歯科治療感覚(で取る)

・韓国料理を食べていることが多い(特に50歳以上)ので、野菜摂取量が日本人の倍

・とにかくキムチを食べる(乳酸菌)。多いと一日三回。

・とにかく洗顔

・一にも二にも保湿命(顔テカテカ上等!)

・毎日シートマスクをする(一日二回もあり)

・その反面、余り化粧はしない

・受験戦争が過熱しているため、部活という文化がない。外でスポーツをしていないので紫外線の蓄積量が日本人とは違う(運動部の場合)

・体を冷やさないようにする(これは中国もそうですね)

 

一つ目の「美容皮膚科で定期的にメンテ」は今の私の経済力だと無理ですが、それ以上なら真似出来そうです。あ、中学の時、部活が運動部だったので紫外線蓄積は多いですけど。

 

まずは「外側」から

・シミ取りレーザー(2月に行きました)

・ブースターとして「ソンバーユの液状特製」。2滴が原則。塗り過ぎるとニキビ。

・戻りジミを防ぐために「ハイドロキノン6%」のクリームをシミ取りした部位に塗る(夜限定。朝ハイドロキノンを使うとシミがひどくなりますから要注意)

・クラランスのグランアイセラムを目の周りに朝晩塗る

・テッカテカになる程、保湿剤を塗る(ムクナクリームなど)

・家にいる時は完全ノーメイク。その代わり起きた瞬間から一日3回は日焼け止めを塗りなおす

洗顔洗顔料を使って朝・夜2回(前は夜しか使っていなかった)

・韓国のシートマスクを大量購入して毎晩パック

・会社に行く時は只今絶賛マスク中(コロナ予防)のため、ファンデを塗らず日焼け止めに粉だけにしている(ミルククレンジングで落とす)

Panasonicの光エステで五日に一度程度レーザーを当てる

 

「内側」からしていることは

・腸内環境を整えるために、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維。腸内細菌の餌になる)、Yakult、ビオスリー、ビオフェルミン、キムチを毎日必ず摂る

・ビタミンC、NAC、ビタミンB群、ビオチン、Coq10、高麗人参マルチビタミンマルチミネラルアリナミン、スーパーフィッシュオイルなどを摂取(この他にもダイエット類のサプリをいくつか飲んでいます)

・トラネキサム酸注射、トラネキサム酸服用

・ダイエット中でもあるので、出来る限り高たんぱく、低糖質、野菜多めの食事

・寝不足にならない。とにかく寝られる時に寝る

・湯舟には必ず浸かる

 

こんなもんでしょうか。

 

注釈ですが、韓国製のパックはmedihealとdermalのものをQoo10でまとめて注文しています。今、うちに160枚位あります。5か月分位あるのか。これを毎日お風呂上がりにやっています。


f:id:sophieted:20200315153839j:image

クラランスのグランアイセラムは結構私の中で、清水の舞台からなんちゃらでした。もっぱらプチプラコスメしか使わないので、ハイブランドのものは緊張しますねw

 

 

今、使い始めて1週間程なのですが、何となく目の周りにハリが出てきたような?むくみを取るのだそうですが、その辺りは余りよく分かりません。

1本使いきってみて「すんごい!これはいい!」と思わない限り、安易にリピート出来る金額ではないので、予備として次点で良さそうだった「ファンケル アイセラム」を買っておきました。

 

 

ソンバーユはずいぶん前に使っていました。液状特製は昔使っていました。少しでも潤いと美白に繋がれば。その後のスキンケアの浸透も良くなるそうなので。

 

ソンバーユ 液 無香料 単品 55ml

ソンバーユ 液 無香料 単品 55ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

難消化性デキストリンは何にでも入れて使っています。お茶や汁物、お米を炊く時などに入れて食物繊維を摂っています。

 

 食べ物の味も変わらないし、サラッと溶けるこれがおススメです。ただし2㎏入りなので最初届いた時「米かよ?!」って思いましたけど。

同じくダイエット中の友人にも薦めたところ、「体重が落ちてきた」そうです。良かった。

 

こんな感じで2週間経過しています。

経過は「肌がつやっとしてきた」。

 

確かに少しずつ変わってきました。よっしゃ。

 

この調子で頑張ります。

「ダイエットしたのに肌が老婆」じゃ悲しいので、「皮膚管理(韓国人はこう言うらしい)」楽しみながら頑張ります。

 

今回のダイエットは「分析→実践」がテーマ

1月6日からスタートしたダイエットですが、3月15日現在で-9㎏となっています。

 

前回のエントリーでは「落ちないんだYO」という旨を書いていましたが、やはりあれは「食べ過ぎなんだYO」だったようです。もちろん抗生剤の影響もあったとは思いますけどね。

 

体重のグラフや日々の食事記録を眺めて感じたこと。

 

「人間はそんなに簡単には出来てない」

ということです。

 

よく「栄養状態は1か月単位で見るべし」と言いますよね。

「1か月単位でまんべんなく栄養が摂れていればOK」ということです。

 

例えば、「今日はお昼に外食しちゃったから、夜は抜こう」としますよね。

そうすると大体次の日の朝の計測時には体重は変わらず、もしくは減っていることが多いです。

「やった!これで外食しても大丈夫☆」

と味を占めて外食を続けます。

 

すると見事に体重が減らなくなります。その間大体1週間から10日。中々の地獄です。

 

逆に「今週は置き換え多めでしっかりダイエットしよう」とすると

ちょっと緩めたたとしても体重は少しずつ減り続けます。

 

人間って一日変動ではないんですね。

そりゃそうですよね、一日単位で「食べた!減らした!」で本当に体重が増減していたらとっくに飢餓で絶滅しています。

 

人類はここ70年位までは飢餓との闘いでしたから、一食位抜いたとしてそれが体重に現れては困る。夕飯一食抜いて減ったのはただ単に「食べてないからその分一瞬だけ減った」ってだけの話です。そんな体重すぐに戻ります。

「病気をして食べられなくて痩せた体重はすぐに戻る」と同じ原理です。うまく伝わらないかしら。

 

で、何が言いたいのかと言いますと、

今回私は2月末の最低体重を記録してから3月の頭に1㎏も増えたんです。その後約10日間減りませんでした。

 

その間何をしていたかと言いますと、

3月初旬の

・日曜日の夜、「今日はひな祭りということで食事の支度から解放!」という母の一言でスーパーのお寿司やオードブルをがっつり食べた。

・同じ週の水曜日の夜、「父のホワイトデーのお返し」でほっともっとの「ステーキ弁当」を食べた

・同じ週の土曜日の昼、「通院帰り、息子と中華料理(ギョーザ・チャーハン・担々麺)を食べた」

ということがありました。

この間、なるべく影響しないように会社へ持って行っている持参の弁当をいつもの「ロウカット玄米とおかず4つ」をやめて「具沢山スープ」に切り替えたりしていたのですよ。

 

それでもダメでした。完全に蓄えちゃってたんですよね。やっぱりカロリーがあるものを「ガツン」と食べている、しかも週に3回もやっていると「その他全部絶食」の勢いじゃなきゃ肥えるんです。

 

それに気づかず「ダイエット食にしているのに痩せない~痩せない~」と悩んでいた訳です。要は「過去数日に渡る外食メニューが続いたせいで、減量出来る程カロリーが減ってなかった。食べ過ぎ」ってだけの話だったんです。

 

3月10日過ぎて「今月は75㎏スタートで-3㎏目標。つまり71㎏台にならないと目標達成にはならないぞ。なのにスタートより増えているじゃないか!」と頭を抱えていました。

 

その後3日程経つと、3月初旬の「カロリー収支」もマイナスになってきて少しだけ体重が減り始めます。そして「体重は一日の調整だけじゃ落ちない。数日単位で見ないとだめだ」ということに気づき、「だったらこれからしばらくカロリーマイナスになるように締めていけば月末までには71㎏台になるんじゃないか」と考えました。

 

要は「食べなきゃいいじゃん」ってことです。

 

それで一昨日「ちょっとブースター代わりに『プロテイン断食』をするか」とダイエット中の友人と共に「一日プロテインに置き換える」日を過ごしてみました。

 

私の場合

朝:カフェオレ、Yakult

昼:プロテイン豆乳割り

間食:カフェオレ

夜:プロテイン豆乳割り

 

友人は朝もプロテインを摂っていたようです。

 

お腹が空きすぎたり、体調が悪くなったらやめようと話していたのですが、プロテイン断食をしている当日は何ともありませんでした。仕事が休みの日だったんで、軽い家事や買い物程度で動かないからですね。

プロテイン断食の翌朝、体重は友人は-1.5㎏、私は-0.6㎏でした。

 

ただ、翌朝は結構「あ~~。足りてないわ~~(色々と)」という感じでしたね。

 

そりゃ食べてないんだから、翌朝は減ります。ただ周期的に見てそれがどんな風に影響するのかは分かりません。私の希望としては「このまま緩やかに体重が減り続けてくれればいい」。

 

昨日はプロテイン断食明けでして、本当はお腹が空いていたのですが「ここで食べたらプロテイン断食の意味皆無」として

朝:カフェオレ、Yakult

昼:豆乳100ml、ヨーグルト、フリーズドライスープ

間食:カフェオレ

夜:サラダ、味噌汁、キムチ、ハッシュドビーフ小さいお椀に一杯

程度にしました。

 

先月の結果を踏まえると、このコツコツとカロリーを減らしていけば「じわじわと体重が減り続ける」はず。

 

今月、達成まであと800gなんですよ。あと半月あるので、この調子でいけば達成出来ると思います。

 

とにかく「カロリーを減らす」。食べる量を減らすこと。これを気を付けていきます。

 

ところで私は「デブ遺伝子」持ってます。2つも。

10年位前にDHCで「肥満遺伝子検査」をしたんですよ。

見事、「りんご型」「洋ナシ型」の二つの遺伝子に変異がありました。

飢餓でもなんのその!!!

 

この2つの変異(糖質代謝・脂質代謝共に低い)があると普通の人に比べて一日当たり300kcal程代謝が落ちるそうなんですよ。地獄かよ。

 

で、私の基礎代謝は約1300kcalなんですって。病院の体組成計で調べたら出てきた数字です。

そこから-300kcalですから、基礎代謝は1000kcalと計算します。

ダイエットの基本として、基礎代謝分位を食べていれば体重は落ちていくといいますよね。

 

だから私も800~1000kcalを目標に食べています。

こんな性格なのできっちりとしたカロリー計算は出来ませんから

・毎日のルーティーンで飲んでいるもののカロリー

カフェオレ2杯:約60kcal

ヤクルトライト(ピルクルライト):約40kcal

プロテイン豆乳割り:約200kcal

フリーズドライスープ:約30kcal

計:330kcal

は必ず摂ってしまうので

夕飯は900-330=570kcal  を目標にしています。

結構適当ですけどね。要は食べ過ぎなきゃいいんです。

 

3月初旬の失敗を踏まえ、「外食はなるべく続けない」「外食をした次の日はプロテイン断食。その後もしっかりとダイエット食を続けること」をして周期的に見てカロリーオーバーにしないように気を付けたいと思います。

 

細かい話なんですが、「牛乳は意外と糖質がある」。

とある本を読んでいて気付いたのですが、確かに100ml当たり5g。

対して豆乳は100ml当たり1g

 

私は一日に牛乳を300ml位カフェオレに入れているので、一日当たり15g。

1か月で450g。ちょっと多くない?と思いました。

ガチガチの糖質制限はしていませんが、出来るだけ余分な糖質は避けています。

すると牛乳の糖質も気になるんですよね。

 

豆乳にすれば1か月当たり多くても165g(プロテイン置き換え時含む)。この差歴然。

 

カフェオレは牛乳の方が好きなのですが、減量期間は豆乳にしようと思います。ううう。

 

豆乳はマルサンのカロリー45%オフのものです。これは低糖質なのでいいですよ。

抗生剤で乱れた腸内環境を整える

ダイエットは続けておりますが、絶賛停滞期中です。

「まあ、そんなもんだよね」と思いつつも、減らないどころか増えることも。

 

何でだろう?と思っていたら、すごいタイミングで勝間和代さんの無料メルマガが。なんとテーマは「抗生物質で太る」。

勝間さんは「ひょう疽」の治療のため抗生剤を飲んだところ、5日で2㎏太ってしまったとか。

 

私もまさに先週末から、副鼻腔の調子が悪くて抗生剤を5日間飲んだところでした。

そこから体重が増え始めたのです。

まあ、他にも「生理だった」など要因もあるのですが、余りに顕著だったので思わず「なるほど~~~」と膝を打ってしまったのでした。

 

勝間さん曰く、「抗生剤が腸内細菌を殺してしまい、ヤセ菌が減り、デブ菌が増えるからではないか?」とのことです。抗生剤と体重増加の相関関係は実証されていないそうですが、抗生剤による体重増加のデータは色々とあるそうです。

 

私はこれまで好酸球副鼻腔炎や気管支炎、その他体調不良でかなり抗生剤を使っています。特に「マクロライド系抗生剤の少量長期投与」もしていますから、腸内細菌(善玉菌)は死にまくりなんじゃないでしょうか。

 

勝間さんのメルマガを読んで「これは!!!」と思ったので、そこからkindleでざっと腸内細菌に関する本を2冊程読み、突貫工事で腸内細菌に関するやっつけな知識を身に着けました。

 

私の中の要点は以下の通り(気になる方は色々と書籍が出ていますから、読んでみて下さいね)

 

・外から入れる(ヨーグルトなど)善玉菌は中々定着しない。そもそも腸内に菌が定着するのはとても大変

・だからと言って何もしないと悪玉菌が増えるので、なるべく善玉菌を入れてあげて、日和見菌(善玉にも悪玉にもなる菌。多い方に見方する)を増やして腸内環境を善玉菌優位にする

・食物繊維が善玉菌の餌になるので、なるべく食物繊維を摂る

・豆乳(大豆製品も)が善玉菌を特に増やす

・野菜の食物繊維が善玉菌を増やす半面、肉や加工食品は食物繊維が少ない分悪玉菌が増える。肉を食べた翌日におならが臭うのはそのせい。肉を食べる時はその3倍野菜を食べると良いそう。中々難しいけど

・腸内のヤセ菌が増えると野菜類が食べたくなり、デブ菌が増えると肉類や加工食品が食べたくなるそう

 

最近、「腸は第二の脳」なんて言われますよね。腸内環境が免疫力や精神状態を左右するとも。あながち嘘ではないのかなと思います。

 

勝間和代さんのyoutube動画に興味深いものがありました。


勝間和代の、あなたが痩せないのは、食べ過ぎではなく、食物繊維の不足かもしれません。

 

「食物繊維!了解!」とばかりに、抗生剤飲みまくり野郎だった私は早速自己流腸内環境改善に取り掛かったのであります。

 

まず始めたこと。

「とりあえず色んな菌と食物繊維を摂る」

 

ちょうど下痢が続いていたこともあり(よくあること)、

①「ビオフェルミン」と「ビオスリー」の整腸剤をちゃんぽんで飲む。

②毎日違う種類のプロバイオティクスヨーグルトを食べる(どれがいいのか分からないからとりあえずこれもちゃんぽん)

③納豆とキムチを毎日食べる

④Yakultかピルクルは毎日継続で(これはずっとやってる)

⑤豆乳を飲む

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維のこと)をお茶や汁物、お米を炊くときに入れる(これでトクホの完成ね!)

 

意識しているのはこの程度でしょうか。これを1か月続けてみて、ヨーグルトの方はカットしちゃおうかなと思っています。だって高いんだもん。プロバイオティクスヨーグルトは1個70円~130円するんですよ。結構な出費です。

抗生剤を飲んだ後なので、出血大サービスだよ腸内細菌さん。

 

通常の食事は現在母が準備をしてくれているのですが、草食な母の食事でしたら食物繊維も豊富だと思います。その辺はすごく助かります。

ただ、今ダイエット中なのもありまして、あんまりあれこれと食べていると「痩せない」という問題もあります。

 

通常ですと家にいる時のお昼は「フリーズドライのスープとプロテイン豆乳割り」と決めているのですが、今はお昼にキムチ納豆、豆乳、ヨーグルト、スープを飲んでいます。プロテインを中止してもカロリーオーバーなんですよ。

 

なので、週3のパートの日は通常の持参弁当(ロウカット玄米100gとカップのおかず4つ)をやめて、具沢山のスープとヨーグルトにしています。

それでも体重が落ちないんだよねぇ。

 

夕食をもっと減らしてもいいんだけど、母が作ってくれる手前、余り減らせない。ただでさえ私のために汁物&サラダを必ず作ってくれるというのに。

息子も偏食野郎で野菜のおかずを余り食べないのもあって、私がそこそこ食べないとおかずが全然減らない。

うーん、ヨーグルトをもうちょっと早く撤退するかなぁ。少しでもカロリーオフしたい。

 

色々悩みますね。

明日通院なので、また血糖値その他を測ってもらってダイエットの成果も見たいと思います。

 

そして病院終わりに息子と中華料理屋で昼ごはんを食べる予定です(わお!ダイエット中なのに中華!)