私がこれまでに経験したことを書くブログ

私がこれまでに経験したこと感じたことを書くブログです。

口内炎が出来た時(&大人の手足口病罹患記)

疲れが溜まった時や体調が悪い時、口内炎が出来ます。

 

子供の頃はよく口内炎がプツッと出来ていました。痛いんですよね。

大人になって自分で各種ビタミン剤を飲むようになり、口内炎になる回数も激減しました。

「ビタミン、ミネラルって効いてるんだか効いてないんだか分かんないな~」と思っていましたが、口内炎の回数が減ったと考えると効果があるんですねぇ。

 

回数が減ったとは言え、時々出来ます。

 

そんな時は自分の中での「口内炎撃退対策」をすると大体2日程度で治ります。

 

まずはこれを飲みます。

【第3類医薬品】ビハク 80錠

【第3類医薬品】ビハク 80錠

 

 ビタミンB錠です。チョコラBBあたりとほぼ一緒なんですが、何故かこれが口内炎には一番効くんですよ。

 

10年以上前に会社で「口内炎が痛い!!!」と言ったら、職場の方が「口内炎にはこれが一番効くんだよ~~」と分けてくれました。

 

「見たことないなぁ。でもせっかくだから飲んでみよう」と飲んでみたところ、本当にすぐ治りました。

チョコラBBでも同じだよね」と試してみたんですが、イマイチ。口内炎には何故かこれがとても効きます。「口内炎にはこれ!」というプラセボ効果もあるのかもしれませんね。

家族もビハクが効くそうで、以来10年以上常に切らさず家に置いてあります。余り店頭では見かけないので、ネットで買っています。

 

滅多にありませんが、時にはビハクで治らない時があります。

 

そんな時はこれ。

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 120mL

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 120mL

 

イソジンを薄めて口に含みブクブクうがいをします。沁みますがこれも効きます。

 

主治医曰く、

イソジンは手術にも使う位殺菌力が高いのね。だから風邪のひき始めで喉が痛い時にイソジンでうがいをすると治っちゃう時もあるのよ~。殺菌力が強いから飲めちゃったらいいのにね。もちろんそんなことしたら死んじゃうから飲んじゃダメよ(笑)」

 

イソジンで口の中の雑菌を殺してしまうことで、口内炎の治りを早くしましょうってことですね。

 

大体この2つで口内炎は早く治ります。

ケナログもそこそこ効きますが、べたべたするのがちょっと気持ち悪いですね。

ケナログは寝る直前に口内炎にたっぷり塗ってそのまま寝てしまえば口内で取れてしまうこともなく翌朝までもちます。

 

口内炎と言えば「手足口病」。

 

主に子供がかかる夏風邪の一つです。その名の通り手・足・口にぶつぶつ(発疹)が出来て軽く発熱をします。ウィルス性の風邪の一種です。

 

普段大人がかかることはありませんが、大人がかかると重症化します。

 

うちの子も罹りました。軽い風邪とちょっとのブツブツで済みました。

が、私も罹りました。大人がかかると本当に地獄です。

 

「あれ?何か口内炎が出来たわ?」と思ったら2~3時間でぶわーーーっと20個以上の口内炎が出来ました。

 

「何だこれは!?」と病院へ行くと手のひらにも少し発疹が。足はほぼ出ませんでした。とにかく私は口内炎でした。

 

手足口病です。ウィルス性のものなので経過観察です」と言われて返されました。

 

そこから地獄でした。3つ位の口内炎がくっついて一つの大きな潰瘍のような口内炎が口の中に2~3個出来ました。加えて小さい口内炎が30個位。38℃位の発熱もあり、5日程水を飲むのもやっと。口の中が沁みてほぼ固形物は摂れません。

 

「これでは衰弱してしまう」と別の耳鼻科へ行き、説明すると「口の中の雑菌も重ねて悪さをしている感じがするので、イソジンでしっかりうがいをして抗生剤も飲んで下さい」と処方して頂きました。

家に帰って来てイソジンをした時は「~~~~~☆☆☆?!?!?!?!」

余りに沁みてしゃがみ込んでしまった程です(笑)

 

最初の症状から5日程経過していたことも相まって、回復傾向にあったのでしょう。それから2日程で回復出来ました。お蔭で1週間で5kg痩せました(;'∀')

子供がいると普段罹らない病気を貰ってしまうことがあります。こればっかりはしょうがないですね。

 

ひとえに口内炎と言えど他の病気の可能性もあるので「個数が多い」、「色が変」、「いつまでも治らない」ということがあったらすぐにでもお医者さんのところへ行って下さいね!