私がこれまでに経験したことを書くブログ

私がこれまでに経験したこと感じたことを書くブログです。

文系40歳女性の第二種電気工事士合格体験記~技能試験勉強編その2~

試験まで残り3週間弱の時点から本格的な技能試験問題の練習となりました。

 

「仕事のある日は1問をこなす。仕事のない日は2問をこなす」と決めてスケジュールを組みました。一日一問で2周こなすとなると、3週間弱じゃ日数が足りないんですよね。

 

しかも私の試験の1週間前が息子の期末試験でした。中2の今の時期で大した勉強をしていなかった息子。そっちも何とかしなくてはならず、勉強をみながら自分の勉強もしていました。

 

「複線図も描けるようになったし、一通り単位作業もやってみたし、あとは技能試験の練習をこなせば大丈夫でしょう!」位に思っていたのですが、甘かった。

まず「複線図は描ける」のですが、ケーブルの寸法の取り方が分からなったんですね。

「器具によってシースや心線被覆を剥く長さが違う」ことをちゃんと理解していませんでした。単位作業で「〇〇cm剥く」ということを教わってても、そこをちゃんと落とし込めていませんでした。

 

慌ててこんな一覧表を下手くそながら作ってみました。

f:id:sophieted:20210106160411j:image

恥ずかしながら、こんなのを作って勉強していたのですが、ホーザンさんの練習キットについていた候補問題の冊子にちゃんと載っていたのですね・・・。試験前日に知りましたw


f:id:sophieted:20210106160706j:image

これを見ながら複線図を描き、工作を作り始めました。

もちろん全然分からないので、ホーザンさんの動画を見ながら作りました。

具体的には

・最初に複線図を描く

・ホーザンさんの技能試験のフルバージョンを見ながら複線図を確認し、作業を一通り見る

・動画をもう一度見ながら、自分も一緒に作る

 

をひたすら繰り返しました。もちろんホーザンの山内さんの作業にはついていかれませんから、動画を止めながら見ました。

完成すると「合格チェッカー」で配線が合っているか確認をします。山内さんの作業をひたすら真似ているので、きちんと合格チェッカーは点灯しました。

 

これを繰り返すこと1周。1周する頃には上記の「自作のへたくそな図表」をわざわざみなくても大体の器具に対する「剥き」の数字が頭に入っていました。

 

こんな感じ


f:id:sophieted:20210124164535j:image

この頃で大体試験10日前位でしょうか。息子の期末試験勉強も佳境へと入り、私も付きっ切りになります。

この間、ずっと座りっぱなし生活になります。しかも柔らかく低いダイニングテーブルの椅子に。

そのテーブルと椅子で力のいる作業をしていたせいか、右側の腰が痛くなり始めました。

結構これが痛くて。「ちょっとこれは病院いかないとまずいかな?」という時もありました。(これ、結果腰痛じゃなくて盲腸と卵巣嚢腫だったんです)

 

技能試験の練習をしてみて思ったのですが、この試験、女性は不利です。

というのも女性は男性に比べて「手が小さい」ことと「握力が弱い」からです。

ケーブルをストリッパーで剥くだけでも「こんなに力がいるの!?」と驚きました。

特にリングスリーブの「中」は力が要ります。女性の場合、人によってはとめられない方もいるみたいです。私もいつもギリギリ「とまった~~~!!」という感じでした。

 

特に1周目は力の抜き所が分からないので、ずっと力が入りっぱなしで、12月近いというのにいつも汗だくで練習してました。

2周目になると「ほんのり」程度の汗で済むようになりましたw

 

最初の1週間位は特に指先が痛くて痛くて。トマト缶のプルタブが引っ張れない時がありましたwこれは電気工事士試験あるあるみたいですね。慣れるまでは痛いです。

その後は右の腕が痛くなり、最後は腰って感じでしたね。

女性の皆さん、気を付けて下さい。

あとは工具や電線に手をひっかけて細かい傷がちょこちょこと。試験当日も手を切ってしまう人が多いそうです。生傷が絶えない試験は初めてでしたw

 

2周目に入り、山内さんの動画をみなくても作業が出来るようになってきましたから、ストップウォッチで40分測り(技能試験は40分)、複線図を描くところから正確に時間を計って練習しました。

 

大体5分残して完成させられるようになってきます。ただ、結構体力を消耗します。

 

私が集中して作業をしていても、隣で息子が「バテレン追放令ってなんだっけ?(教科書で調べろ!)」とか聞いてくるので、その都度集中力が切れ「で、どこまでやったんだっけ?」から始まるので辛いものがありましたw保護者の皆様、ご苦労様です!!

 

そんなこんなで試験前日に全ての問題が2周終わりました。ギリギリw

あとは手を怪我しないように複線図の確認やちょっとした単位作業をして試験前日が終了しました。